軽自動車の場合は車庫証明が不要になります。

その代わり保管場所の届出を各警察署に行うことになります。

保管場所の届出とは

保管場所の届出とは自動車の保管場所を確かに確保している事を届出する事で証明する手続の事です。

車庫証明の申請と違い、書類を提出すればその場で手続が完了します。
そして費用も500円と申請よりも安くすみます。

適用除外地域

軽自動車の車庫の届出に関しては適用除外地域が定められています。

おおまかな目安として人口10万人以下の市区町村については適用除外になっています。

東京都でいうと以下の地域は軽自動車の保管場所の届出は必要ありません。

福生市、武蔵村山市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、奥多摩町、大島町、八丈島町、桧原村、利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、青ヶ島村、小笠原村

保管場所の届出の必要書類

警察署に保管場所の届出手続をする場合以下の書類が必要になります。

1.自動車保管場所届出書
2.保管場所標章交付申請書
3.保管場所の所在図・配置図
4.保管場所の使用権原を疎明する書類(自認書または保管場所使用承諾書
5.使用の本拠の位置が確認できるもの

警察署のダウンロード先のリンクをつけておりますので、こちらからダウンロードして記入し、管轄の警察署に提出しましょう。

使用の本拠の位置が確認できるものとしては、実際に住んでいる住所であれば運転免許所で確認します。住所と違う場所を使用の本拠の位置にする場合は、電気・ガス等の公共料金の領収書や消印のある郵便物などで確認をすることになります。

軽自動車の保管場所の届出の依頼先

軽自動車の場合は車検証の登録に車庫証明書が必要ではない為、納車後に車庫証明の届出をするケースも多いと思います。その場合購入したディーラーでやってくれることもありますが、ご自身で手続する事ももちろん可能です。

また平日の日中に時間が取れない場合などは行政手続きの代行を専門に行う行政書士に依頼することも可能です。弊事務所でも軽自動車の保管場所の届出を承っております。