車庫証明に必要な書類一式

車庫証明に必要な書類は以下の5種類の書類です。

1、自動車保管場所証明申請書

2、保管場所標章交付申請書

3、保管場所の所在図・配置図

4、保管場所の使用権原を疎明する書類

5、使用の本拠の位置が確認できるもの

1、自動車保管場所証明申請書

インターネットにてダウンロードするか、各警察署に備え付けられている書類を使います。各警察署に備え付けられている書類は2の保管場所標章交付申請書と複写式の2枚つづりになっています(東京都の場合)ので筆圧を強めに記入して提出しましょう。

2、保管場所標章交付申請書

インターネットにてダウンロードするか、各警察署にて自動車保管場所証明申請書と2枚つづりになっている書類を使います。
申請後一度交付申請書は返され、交付時に持っていき改めて提出する事で保管場所標章を受け取る事ができます。

3、保管場所の所在図・配置図

所在図は自動車の駐車場所が、最寄の施設(駅や有名施設)からどのあたりに位置するか記載するものです。自宅から離れている場合は自宅の記載も必要です。
また所在図はグーグルやヤフーの地図を印刷して貼り付ける事も可能です。

配置図は駐車場の敷地内や自宅の敷地内のうちどこのスペースに車を停めるのか記載します。
その際には駐車場の入口や駐車スペースの長さも記載しておく必要があります。

4、保管場所の使用権原を疎明する書類

保管場所の使用権原を疎明する書類とは、保管場所の所有が保管場所として認めているという事を証明する書類になります。
自分の土地に自分の車を停めている場合は自認書。
他人の土地に自分の車を停める場合は使用承諾書。を記入して提出する必要があります。

5、使用の本拠の位置を確認できるもの

東京都の車庫証明の場合は基本的に「自宅を使用の本拠の位置」にして申請するときには不要です。

ただし、何らかの理由で自宅以外の場所を使用の本拠の位置にする場合には、使用の本拠の位置が確かに「自宅ではないが居住している」証明書類が必要となります。

その場合は電気・ガス等の公共料金の領収書、消印のある郵便物、運転免許証などの証明書類が必要となります。