補助金申請に必須のGビズIDとは?どうやって取得する?

現在ほとんどの補助金申請はオンライン申請になっており、郵送での申請を受けつけていない補助金が多くなっています。受け付けていたとしても郵送の場合は減点され採択に悪影響となりますので基本的には全ての補助金はオンライン申請をすべきでしょう。

そのオンライン申請の際にはGビズIDというものが必須となります。

今回の記事ではGビズIDについて知らない方に向けてGビズIDとはどういうものなのか、どうやって取るのかわかりやすく解説します。

GビズIDとは

GビズIDとは、複数の行政サービスをGビズIDという1つのアカウントで利用することのできる認証システムのことです。

補助金申請以外にも建設業の経営事項審査の電子申請や社会保険の電子申請、自治体の電子申請システムをはじめ多くのシステムで使用されています。

法人および個人事業主が持つ事ができ、有効期限や年度更新の必要はありません。

詳しくはこちらもご覧ください(音声が流れます。ご注意ください)

GビズID紹介動画(GビズIDホームページより)

GビズIDの種類

GビズIDには、GビズIDプライム、GビズIDメンバー、GビズIDエントリーという3種類のアカウントがあります。サービスによって必要なアカウントが異なります。

補助金申請の場合はGビズIDプライムが必要ですので間違えてエントリーを申請しないように気をつけましょう

GビズIDプライムとは

GビズIDプライムは会社の代表者や個人事業主向けの最もセキュリティがしっかりとしているアカウントです。登録には審査が必要で印鑑証明書を送付するなど本人確認がしっかり行われています。

使える行政サービスに制限もなく全ての行政サービスに使えるIDの為、基本的にはプライムを取得するようにしましょう。

GビズIDメンバーとは

GビズIDメンバーはGビズIDプライムを取得している企業の従業員向けのアカウントです。

書類審査は不要なので手軽に取得できますが、使える行政サービスには制限があります。

GビズIDエントリーとは

GビズIDエントリーとは事業をしているものであれば誰でも取得できる簡易的なアカウントです。書類審査は不要ですが利用できる行政サービスが相当少ない為使える場面はかなり限定されるでしょう。

GビズIDプライムを作るには?

補助金申請に必要なアカウントはGビズIDプライムになります。その作成方法をお伝えします。

1,アカウント申請に必要なものを準備する

GビズIDの申請に必要なものは以下の3点です。まずは印鑑証明書と実印を用意しましょう。

2,パソコンでGビズIDプライム申請書を作成する

GビズIDのホームページにある「GビズIDを作成」をクリックし指示に従ってGビズIDプライム申請書を作成します。

3,申請書を印刷し、押印する

2で作成した申請書をダウンロードし、プリンターで印刷します。

申請書には実印を押印する場所がありますので実印を押印します。

4,申請書と印鑑証明書を郵送する

押印した申請書と印鑑証明書を合わせてGビズID運用センターへ郵送します。

5,審査完了メールを受け取る

郵送後運用センターでの審査が完了したら(1週間ほど)審査完了メールが送られてきます。

審査完了メールを確認したら、パスワード登録を行います。

これでGビズIDプライムの登録は完了します。

GビズIDの使い方

GビズIDの使い方は目的の電子システムにログインする時に活用します。

まず、目的の電子システムに「GビズID」と「パスワード」でログインします。

すると登録しているスマートフォンにワンタイムパスワードが送られてくるのでそのワンタイムパスワードを入力して目的の電子システムへのログインが完了します。

またスマートフォンアプリをダウンロードすることでワンタイムパスワードを使わずに認証することもできます。

まとめ

国もさらなるDX化のために電子申請の普及を目指しています。またGビズIDを使う事で申請に必要な時間や手間も大きく削減されます。

補助金申請に必須のIDでもあるので持っていない方は早めに取得しておきましょう。